3200人が結集し、熱く議論!第87回定期大会を大分県別府市で開催。

自治労は8月28日~29日、第87回定期大会を大分県別府市のビーコンプラザで開催した。代議員と傍聴者を含む、約3200人(女性代議員数213人:26.5%)が全国から参加した。中間年大会の今大会は、昨年の大阪大会で決定した運動方針の中間総括が行われたほか、「当面の闘争方針」など4議案が提案された。議論は人事院の「給与制度の総合的見直し」や「新たな政治対応方針」を中心に、2日間で45県本部、1社保から57人が発言した。活発な討論の結果、本部の提案した4本の議案はすべて可決された。

記事詳細は機関紙じちろうでお伝えします。