第10回「ユニオンリーダーセミナー」開催

本部は1月27~28日に、第10回「ユニオンリーダーセミナー」を自治労会館にて開催した。 参加者は、女性1人を含む10人で少数精鋭のセミナーとなった。

 

グループワークを中心に活発な意見交換

1日目は、澤田副委員長による本部あいさつに続き、氏家委員長より「自治労の今日的課題」、ジャーナリストの鈴木哲夫さんから「日本の政治の課題と展望」についての講演を受けた。
さらに、伊藤藤夫NPO法人丹南自治研センター地域政策研究所代表がワークショップ1「組合員の政治参加に向けて」を行い、県本部役員として単組(たんそ)への指導にどのように取り組むのかをテーマにグループ討論を行った。その後の交流会では、参加者の自己紹介をはじめ、お互いの情報交換を行った。
2日目は、杣谷副委員長「県本部の運営と三役の役割」、三浦まり上智大学教授が「男女平等社会の構築と労働組合の役割」を行った。
最後にワークショップ2として、南雲聡樹レーベン企画プロデューサーの助言を得ながら、「県本部として克服すべき課題の点検」「県本部活性化の実践」に関してグループ討論を行った。最後に、鬼木組織対策局長がまとめをし、散会となった。

 

ユニオンリーダーセミナーの趣旨

自治労の教育研修の体系は、基本コース(組合員教育、活動家教育、幹部教育)と専門コース(評議会、職能、政策、専門部課題や実務研修)に分類されている。本セミナー対象者は、新たに県本部の三役(委員長、副委員長、書記長)に就任された方である。今年度は、書記次長も対象とした。

 

目標

自治労の中心的役員として、自治労の運動と運営の責任について認識し、自治労運動への意欲と一体感を高め、受講生同士や本部との連帯を深めることを目的としている。

次世代を担うべく面々の煌煌とした眼をみよ 

氏家委員長はじめ本部役員と記念撮影

 

ジャーナリストの鈴木哲夫さんに質問し、政治問題への理解を深める

ジャーナリストの鈴木哲夫さんに質問し、政治問題への理解を深める

伊藤藤夫氏による指南に、各人は未来をみつめ思案する

伊藤藤夫氏による指南に、各人は未来をみつめ思案する

三浦まり教授、男女平等の現状を語る

三浦まり教授、男女平等の現状を語る

グループ討論の結果発表「県本部ミッション インポッシブル」!

グループ討論の結果発表「県本部ミッション インポッシブル」!