日比谷公園に1万人結集!~「何が秘密?それは秘密」それはイヤだ!「STOP!『秘密保護法』11.21大集会」~

11月21日、東京・日比谷公園で、「STOP!『秘密保護法』11.21大集会」が開催され、約1万人(自治労からは約200人)が参加した。

この集会は、STOP!「秘密保護法」11.21大集会実行委員会が主催したもので、自治労の共闘団体である平和フォーラムも実行委員会に参加している。

 

集会では、政党・国会議員代表として立憲フォーラム代表(改憲に危機感を持つ超党派の国会議員連盟)の近藤昭一衆院議員(民主党)ら、日弁連代表、藤本泰成平和フォーラム事務局長らがあいさつし、知る権利や表現の自由を侵害する秘密保護法の持つ重大な危険性に警鐘を鳴らすとともに、同法を廃案に追い込む決意をそれぞれの立場でアピールした。続いて、集会宣言が全体で確認された。

1121秘密保護法_壇上

集会終了後は、国会請願コースと銀座コースに分かれてデモ行進を行った。自治労のデモ隊は銀座コースに参加し、秘密保護法の廃案を訴えた。

11月19日現在、特定秘密保護法に反対する団体は市民団体・NPO、法曹関係団体、マスコミ関係、宗教団体、医療関係団体、労働組合、地方議会など69団体にも及んでいる。様々な立場や会派を超えて、秘密保護法阻止にむけた民意が高まっている。

STOP!『秘密保護法』公式サイト