現業評議会第2回全国幹事会および幹部セミナーを開催

12月20日~21日に熱海で2015年度現業評議会第2回全国幹事会と幹部セミナーを開催し、44県本部70人(うち男性64人、女性6人)が参加した。

第2回全国幹事会は、冒頭で現業評議会を代表して藤本議長、自治労本部を代表して杣谷副委員長がこの間の政治情勢や今後の現業・公企統一闘争のあり方などについてそれぞれ挨拶を行った。また、各省庁交渉の報告や、2014現業・公企統一闘争中間総括について活発な議論が行われた。

 

幹部セミナー

21日に行われた幹部セミナーは9時から3つの講座を行った。

第1講座「住民、行政と議会~地方行政の国際評価について~」では、中邨章先生(明治大学名誉教授・政治学者)を迎え、海外の行政と日本の行政の比較や、地方自治のあり方、公助と自助などについて、事例を交えて講演が行われた。

第2講座「組織を活性化~カウンセリング&コーチングスキルアップ研修~」は、河内理恵先生(有限会社アプローチ代表取締役)を迎え、職場・日常の会話から始めるメンタルヘルス対策などについて講演を行った。

第3講座「確定闘争の状況と人事評価制度への対応」では、自治労本部 田中総合労働局長を迎え、今年度の確定闘争の状況と、人事評価制度への対応について解説を行った。

 

幹部セミナー