都道府県職労現業代表者会議、開催!

7月5日、隔年開催の都道府県職労現業代表者会議が自治労会館大ホールで開催され、全国各地から雨のなか35県71人が参加した。
 県職共闘鬼木局長、県職現業部会 中塚部会長のあいさつに続き、各県の状況報告、新規採用職員を勝ち取っている新潟県職、任用替えの課題について特徴的な高知、富山、そして、賃金課題が特徴的な山形、その他兵庫から報告があった。県職共闘、現業評議会への要望その他協議事項と続き、団結ガンバロウで閉会した頃には、雨も上がっていた。