県職共闘・全国職業訓練協議会 厚労省に予算編成の要請

県職共闘・全国職業訓練協議会は7月17日、厚生労働省に対し、「2016年度政府予算編成」に関する要請を実施した。全国職業訓練協議会からは夏井議長(福島県職労)はじめ、幹事ら14名が出席し、要請書の手交、要請内容の回答及びそれぞれからの意見交換を行った。厚生労働省からは能力開発課藤枝課長ほかが対応した。
要請書では都道府県の運営する公共職業能力開発施設の設備整備補助金について、都道府県の財政事情を勘案し補助率の引き上げを要求した。さらにジョブ・カード制度について指導員の更新講習についてその条件を緩和すること等を訴えた。また職業教育学校の創設や職業訓練指導員免許について意見交換を行った。
IMG_3747