確定期から顔の見える町村評運動を実践しよう~2017年度町村職賃金闘争・組織強化拡大交流集会~

町村評議会は10月21日~22日、奈良市で標記集会を開催し、33県本部99人(うち女性6人)の町村の仲間が全国から結集した。本集会は毎秋、確定闘争への意思統一と組織強化、町村同士の交流を目的に開催している。

01山木議長

冒頭、山木全国町村評議長(自治労遠軽町労連:北海道本部)が評議会を代表してあいさつし、「議論された賃金の課題、組織の課題を、それぞれが単組(たんそ)に持ち帰り、組合員一人一人と話をしながら、顔の見える運動を実践していこう」「今回は多くの県本部・単組(たんそ)の事例報告をいただくので、何か一つでも真似をして、自らの運動の参考にしていこう」と訴えた。

 

02宮本委員長

続いて、奈良県本部の宮本委員長が地元を代表してごあいさつをいただいた。

次に本部提起が2つされた。1つめは、徳永労働条件局長から「課題の克服をいかに進めるか~16人勧と確定闘争の課題」と題し、今年の人事院勧告の特徴と情勢から、秋季・確定闘争の課題、それにかかわる組織強化・拡大と運動・闘争をどう組み立てていくのかについて、提起された。2つめは岸組織対策局長・町村評事務局長より「町村における非正規組織化の実践について」として、町村単組の取り巻く状況を共有し、その課題の克服について提起した。その実践例の特別報告として、群馬県本部の田口保彦組織対策アドバイザーから、「高崎保育臨嘱労組結成の流れ」について報告いただいた。報告で田口さん(↓写真上段)は「隣の席や、同じ職場で一緒に働く非正規の処遇について、一つ尋ねてみてください。そこから違いが分かり、組合として何か力になれることがあるかもしれない」と組織化のきっかけづくりを、組合側から起こしていこうと提案しました。

IMG_0417-COLLAGE

その後、奈良県本部町村評議長の藤谷さん(高取町職労:↑写真下段左)から「高取町職員労働組合~昇格・昇給改善と若年層の給与水準改善への取り組み~」、富田章史さん(美咲町職労:↑写真下段右)から「美咲町職労における臨時職員組織化の取り組み」の報告を受けた。各提起に関する質疑の後、1日目は休会した。休会後、参加者交流会を行った。普段あまり話す機会のない他の地連や単組(たんそ)との交流に、参加者は大いに盛り上がった。

 

二日目は賃金闘争分科会、組織強化・拡大分科会、共済推進分科会に分かれ、議論を深めた。

 

<賃金闘争分科会>

06徳永さん

 

賃金闘争分科会では「人事評価制度への対応について」と題して、1日目に続いて再度徳永労働条件局長が本部提起をした。その後、単組(たんそ)の取り組み報告として、徳島県本部東みよし町職の住友さんから「東みよし町職における賃金闘争の現状と課題」、島根県本部町村評議会事務局長の上田武司さん(川本町職)から「給与制度の総合的見直しにおける島根県本部町村職評の対応と取り組み」の報告を受けた。

<組織強化・拡大分科会>

09組織強化拡大分科会

 

組織強化・拡大分科会は、4グループに分かれてグループワークを行った。互いの単組(たんそ)における課題について話し合い、克服にむけて討論した。単組活動チェックリストや、共済などの自主福祉事業を活用した組織強化や、若年層への組合の説明の仕方など、各単組(たんそ)における知恵や経験を共有した。

 

<共済推進分科会>

 

10三浦常務

 

共済推進分科会では、冒頭に自治労共済本部の三浦常務より「共済推進運動と組織強化拡大について」と題した提起を行った。その後、共済推進に関する素朴な疑問や、実務上の困っている点、組織拡大のツールとしての共済の使い方など、参加者を交えて意見交換を行った。

 

分科会終了後、全体会で各担当の全国幹事から分科会報告を行い、山木議長による集会のまとめと、地元近畿地連選出の藤本全国町村評幹事の団結ガンバローで集会を終了した。

 

<奈良県内前段オルグ>

11単組オルグ

 

集会に先駆け、20日に山木議長と藤本近畿地連幹事、岸事務局長が県本部、県本部町村評とともに県内5町(東吉野村職労、御杖村職、曽爾村職、山添村職、平群町職労)へのオルグを実施した。確定闘争にむけた取り組みの確認や、県本部町村評としての行動、共済活動の実践など、単組実態の確認や改善策を共有した。