PSI-JCが「不安定雇用」をテーマに 男女平等セミナーを開催

 11月21~22日、東京・TKP市ヶ谷カンファレンスセンターで「不安定雇用を考える」をテーマにPSI(Public Services Interna-tional)-JCの男女平等セミナーが開催され、60人が参加した。内、自治労からの参加者数は20人(女性14人)。

 セミナーは、澤田陽子PSI(Public Services Interna-tional)-JC女性委員会議長(自治労副委員長)のあいさつで開会。佐藤克彦PSI(Public Services Interna-tional)-JC事務局長(自治労特別執行委員)の「PSI(Public Services Interna-tional)の組織と活動」と題する講演に続いて、「自治体職場の不安定労働」と題して野角裕美子自治労本部組織拡大局長が問題提起を行った。これを受け、参加型公開討論の形式で、不安定労働が女性と社会に与える影響について、各構成組織から1人ずつのパネリストが問題提起し、会場からの発言も受けながら議論を深めた。

2日目は「女性差別と不安定労働」と題して三浦まり上智大学教授が講演を行った。

 

 

IMG_1480

切れ味鋭い三浦まり教授の講演