2014年度予算の全貌がわかる。「月刊自治研」2月号、好評発売中

昨年12月、2014年度の政府予算が閣議決定された。
消費税の引き上げが迫る中、景気の腰折れを防ぐための復興特別法人税の前倒し廃止や、国土強靭化を名目とする巨額の公共投資がなされようとしている。

増大する社会保障費と財政悪化の悪循環を絶つ目的で行われた「一体改革」はどこへいったのか…。

また、2014年度の地方財政も、かつてない課題に直面し、今後の地方財政の大きな転換をもたらしかねない問題点を多くはらんでいる。

その一方で、少子化対策や介護など社会保障の充実に高まる自治体への期待…。

2014年度予算から、自治体の期待と不安を考察します。

 

詳細・お申し込みはこちら↓

 

自治研HPへリンク http://www.jichiro.gr.jp/jichiken/month/index.html