自治研8月号発売中です

最新刊:2016年8月号 「人口減少に負けないまちづくり」

消滅自治体の衝撃から2年。国は長期ビジョン・総合戦略のもと、「地方創生」に乗り出した。
政策誘導的な交付金によって自治体間競争を煽り、立地適正化計画とコンパクトシティによって効率的な都市経営へ流れをつける。
その背景には、人口減少による国力低下への強い危機感がある。
だが、人口が減ることで地方は本当に立ち行かなくなるのだろうか。
少子高齢化の“先進”地域では、すでに「地方創生」以前から集落の生活基盤を維持するために、創意工夫を凝らしたまちづくりを進めてきた。
人口減少時代にしなやかに挑むまちのあり方を、ハード、ソフト両面から検討する。

 

 

1冊762円+税(送料込み) 年間購読 7,434円+税(送料込み)

 

ご購読のお申込みは自治研のHPからお願いいたします。