月刊自治研 11月号発売中!

特集:熊本地震「想定外」の災害に備える

 

余震、本震で損壊する公共施設、車中泊を余儀なくされる災害弱者、避難所まで届かない救援物資――。
東日本大震災から5年、地域防災の課題が整理されたとみられた矢先に熊本地震は私たちに再び、厳しい現実を突き付けた。
災害のたびに「想定外」という言葉が繰り返される。
だが、災害大国にくらす私たちは想像力を駆使し、未経験の災害リスクに対応する力を、日々の生活の中で構築していかねばならない。
熊本地震の「想定外」をハード・ソフト両面から検証し、防災への備えとしたい。

 

 

購読のお申込みは自治研のHPをご参照ください
1冊762円+税(送料込み) 年間購読 7,434円+税(送料込み)