月刊自治研4月号発売中

 

生涯〈現役〉のすゝめ

団塊の世代が後期高齢者となる2025年まで10年をきった。
ともすれば暗く重いイメージで捉えられがちな高齢社会だが、果たして本当にそうなのだろうか?
日本の高齢者は75歳前後までは自立して生活できる方が多いという。
そうした高齢者もまた〈現役〉の社会の担い手であると捉え直すことで、高齢社会のイメージは大きく描き換えられるはずだ。

 

最新刊:2017年4月号

1冊762円+税(送料込み) 年間購読 7,434円+税(送料込み)

 

ご購読のお申込みは自治研のHPから