月刊自治研6月号発売中 特集「沖縄が投げかけるもの」

jichiken_det_book_1706

辺野古新基地建設をめぐる翁長知事の埋立承認の取り消しをめぐる訴訟は、国の主張を全面的に認めるものとなり、ついに国は埋立工事を強行した。

安倍政権に踏みにじられる数々の選挙を通じて示された沖縄の人びとの意志。
度重なる米軍関連の事故や事件にも関わらず、日米地位協定見直しへの動きはない。
米軍基地という大きな負担を担い、限界をとうに超えた沖縄の人びとの怒りや悲しみを、本土の人びとはどう受け止めるのか。沖縄の今とこれからをともに考える。

 

最新刊:2017年6月号
1冊762円+税(送料込み) 年間購読 7,434円+税(送料込み)

 

ご購読のお申込みは自治研のHPからお願いいたします