『月刊自治研3月号』発売中

3月号の特集は《選挙と民意を結びつけるために》です。

春の統一自治体選挙、夏の参議院選挙をひかえ選挙イヤーとなる2019年。
ネット選挙の解禁、選挙権の18歳への引き下げ、候補者の男女同数化など多様化する価値観や社会の変化を背景に、選挙制度の改革が進んできた。
はたして、一連の改革は、民意を政治に反映させることにつながっているのか。
国会や自治体議会においても、数頼みの政治がまかり通る今、選挙とともに民意を政治に反映させるための方策について考える。

 

3月号のちょっと試し読みもできます(こちらをクリック)。

ご購読のお申し込みは自治研HPまで

1冊762円+税(送料込み) 年間購読 7,434円+税(送料込み)