7月号の特集は《どうする?「空き家・空き地」対策》です。

全国各地で空き家、空き地が増え続けている。
2015年には「空き家対策特措法」が施行され、一定の効果は上げつつも、増加に歯止めをかけるまでには至っていない。
人口減少にともない、今後ますます増えるであろう空き家と空き地にどう向き合うのか。
増加する福祉的ニーズとのマッチングや、移住施策との組み合わせなど、各地での取り組みをみながら、これからの展望を考えていきたい。

 

7月号のちょっと試し読みもできます(こちらをクリック)。

 

ご購読のお申し込みは自治研HPまで

1冊762円+税(送料込み)年間購読 7,440円+税(送料込み)