『月刊自治研12月号』発売中

12月号の特集は《森林を再び「宝の山」にするために》です。

戦後、全国の山々にスギやヒノキなどが植林された。
しかし、木材価格の大幅な下落を受け、「宝の山」は、手間暇と管理費がかかる「お荷物の山」となった。
温暖化対策や水源涵養の観点から再評価が進む森林。
近年、新たに成立した法制度などとどう向き合い、国土の七割をしめる森林資源をどう生かしていくのか。

 

12月号のちょっと試し読みもできます(こちらをクリック)。

 

ご購読のお申し込みは自治研HPまで

1冊762円+税(送料込み)年間購読 7,440円+税(送料込み)