月刊 自治研 最新刊:2022年12月号

月刊自治研 最新刊:2022年12月号

2023年統一自治体選挙を前に

コロナ禍を経てはじめてとなる統一自治体選挙が来春に迫ってきた。
この間、公衆衛生のインフラや住民とのリスク・コミュニケーションなど、浮き彫りとなったさまざまな課題を踏まえた選挙となるかどうかが問われている。
性的マイノリティの人たちにむけた政策やゼロカーボンへの取り組みなど、近年注目される自治体政策に加えて、以前からの課題でありながら十分とはいえない男女共同参画や議員による政策提案などの事例も交えながら考えてみたい。

お申込みフォーム FAXでのお申込み 

【目次】
<特集> 01 / 02 / 03 / 04 / 05 /
<その他目次>

■次号予告 >>


× 閉じる | △ページトップへ

特集01:コロナ禍後初の統一選への視点
― 廣瀬 克哉(法政大学総長/自治体議会改革フォーラム呼びかけ人代表/本誌編集委員)

特集02:統一自治体選挙にむけた性的指向・性自認に関する政策の位置づけと意義 ― いわゆる宗教右派の影響をはかるリトマス試験紙として
― 神谷 悠一(LGBT法連合会事務局長)

特集03:男女共同参画政策の現状と統一自治体選挙
― 大木 直子(椙山女学園大学人間関係学部講師)

特集04:人と自然が共生する持続可能なまちへ ― SDGs未来都市・新潟県妙高市の取り組み
― 堀川 政利(妙高市役所総務課広報広聴係係長/妙高市役所職員労働組合執行委員長)

特集05:手話推進議員連盟の活動 ― 聴覚障害者の人権問題としての手話
― 永野 裕子(手話推進議員連盟代表世話人/東京都豊島区議会議員)

その他目次

  • 連載:発掘!地域の希望のタネ:懐かしいのに新しい〈ハントンライス〉
    ― 石川県金沢市
  • 連載:給食のじかん プロスポーツチームとの縁を生かした取り組み〈シシリアンライス〉(沖縄県本部読谷村職労現業評議会)
    ― 翁長 功二(沖縄県本部読谷村職労現業評議会)
  • 焦点:半田病院サイバー攻撃からの教訓
    ― 須藤 龍也(朝日新聞編集委員)
  • 連載:地域発! 各県自治研活動レポート80:日本の等身大の姿を見つめるセミナー
    ― 中岡 歩美(高知県本部組織部長)
  • 静岡自治研記録:全体会 記念講演録
    脱成長でめざす、持続可能な社会

    ― 斎藤 幸平(東京大学大学院総合文化研究科准教授)
  • 書評:『世界インフレの謎』渡辺 努 著 講談社現代新書 990円
    ― 菅原 敏夫(本誌編集委員)
  • グラビア:地域を支える人
    村岡 耕平さん(仙北市観光文化スポーツ部文化財保護室文化財係)


× 閉じる | △ページトップ

月刊 自治研 次号予告 
1月号のお知らせ 2023年1月5日発行予定

若き自治体職員とともに!
常に就職先の上位にランキングしている自治体職員。
時代や社会の移り変わりとともに、自治体職員を取り巻く環境も大きく変わり、入職後に直面する現実とに戸惑う若手も少なくない。
今の若き自治体職員が何を考えながら仕事にむき合っているのか。
そうした実態をあらためて認識し、組合として若き職員とどうむきあうかを考える。
論文 若い自治体職員の今―吉村臨兵・愛知学院大学経済学部教授
座談会 今どきの職員に組合はどう向き合うか―兒玉聖史・自治労本部青年部長 + 山本拓矢・大阪府本部大阪市職 + 川端梓・和歌山県本部串本町職労/前県本部書記次長 + コーディネーター 大嶋智・福井県本部委員長/元自治労本部組織局長
活動紹介&メッセージ ここにも自治研!―自治労富良野市労働組合連合会・自治研推進委員会/小野寺崇・登米市職員組合/前川朗・自治労はつかいちユニオン/福冨真子・高知県本部女性部・防災部
インタビュー 自治体職員が働き続けるために~若新雄純のお悩み相談室―若新雄純・慶應義塾大学特任准教授
(執筆者、タイトルなどについて変更になる場合があります)


× 閉じる | △ページトップへ