定期大会閉会!自治労運動のさらなる前進を!

2日間にわたって開催された自治労第89回定期大会が閉会した。

2015年石川大会で決定された運動方針への中間総括をはじめ、今回提起された3つの議案についてもたくさんの県本部からのご意見などを伺いながら、圧倒的賛成多数で可決された。

 

各単組の中からこつこつやり続ける

最後は川本委員長が「この暑い39年ぶりの長崎大会は、もう一度やれることをしっかりと各単組(たんそ)の中からこつこつやり続ける、そんなことを意思統一できた大会ではないか。しっかりいただいたご意見を受け止めて、引き続き、運動を進めていきたい」と述べ、団結がんばろうで締めくくった。

自治労は働く者すべての処遇改善・雇用安定の実現と憲法を守る闘い、核兵器廃絶、脱原発などさまざまな諸課題に対し、運動の先頭に立ち、総力をあげて取り組んでいく。

IMG_5940