大都市共闘による熊本地震への支援

大都市共闘は11月2日、自治労本部にて三役会・幹事会を開催し、加盟単組で行った熊本地震の支援カンパについて、比嘉議長から熊本市職の峯副委員長に目録が手渡された。地震が起きてから間もない前回幹事会(4月26日)で同市職から被害状況が報告され、大都市共闘独自の支援としてカンパに取り組んできた。
峯副委員長は、「地震の被害は残るものの少しずつ復興に向かっている。大都市からも多くの人を派遣してもらうなどの支援をいただき、あらためて感謝申し上げる」と述べた。