3月22日国連「世界水の日」 要請行動実施

画像①

(写真)左から奥野和人公営企業局長、五十嵐国土交通省水資源部長、辻谷全水道書記次長、田中浩二国際局長。

 

 

3月22日国連「世界水の日」にむけて、水道・下水道事業の充実を求めて要請行動を行った

3月22日は「世界水の日」として、1993年に国連総会において決議された。

この趣旨を踏まえ、ポスターなどを作成し水の重要性などについて啓発活動を行うとともに、PSIの加盟組合として自治労、全水道、PSI-JCで厚生労働省、国土交通省などへの要請行動を行った。

 

特に本年は、水の理念を定めた水循環基本法の理念のもとづき、水への平等なアクセスと健全な水循環の確立に向けた施策の策定を求め、自治労からは奥野和人公営企業局長と田中浩二国際局長(PSI-JC事務局長)が要請行動に参加した。

2017年の「世界水の日」のポスター 『水は公共のもの 安全な水へのアクセスは人権』

2017年の「世界水の日」のポスター
『水は公共のもの 安全な水へのアクセスは人権』