フィリピン・マニラでPSIアジア太平洋地域(AP)のアニー共同議長と会談する川本委員長

写真:アニー・ヘロンAP共同議長(左)と川本淳委員長(右)

 

11月11日(土)、フィリピン・マニラにおいて、PSI(Public Services Interna-tional)アジア太平洋地域(AP)の共同議長であるアニー・ヘロンPSLINK委員長と川本淳委員長が会談した。

 

10月30日~11月3日まで開催されたPSI世界大会に川本委員長が参加できなかったため、今後のアジア太平洋地域の活動や課題などについて協議した。

この日はちょうどASEAN首脳会議と重なり、厳重な警備体制が敷かれたマニラ中心部のホテルで会談した。

 

地域書記の交代に伴い、PSIアジア太平洋地域の継続的な活動維持と体制強化にむけて、協議した内容をローザPSI書記長宛に書簡を送ることを確認した。

また、日・フィリピン経済連携協定については、日本が看護師や介護福祉士を受け入れた際の、外国人労働者の労働条件の確保や継続的なモニターなど、日比政府に対してどのように要求していくかの意見交換を行った。