3月22日 国連「世界水の日」にむけ啓発活動を実施

左から石川自治労公営企業局長、辻谷全水道書記次長、榎本自治労国際局長

国土交通省・溝口水資源部長、須賀課長補佐

 

 

 

 3月22日は「世界水の日」として、1993年に国連総会において決議されたことをうけ、PSI-JCは毎年ポスターと宣言を作成し、その趣旨にそって啓発活動を行っている。今年は2月20日に、厚生労働省、環境省、総務省、国土交通省、農林水産省、経済産業省の水行政に関わる関係部局への趣旨説明を行った。自治労からもJCの一員として、石川雄一公営企業局長と榎本朋子国際局長(PSI-JC事務局長)が啓発活動に参加した。

 

 

今後は、約120人の関係国会議員、連合構成組織や関係団体など155ヵ所への啓発活動もあわせて行う予定。

 

本年のポスターでは「いのちの水は公共サービスで」のキャッチコピーとともに、SDGsの目標6「2030年までにすべての人に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保」を紹介しながら水の公共性を訴えている。また、宣言文でも、安全な水へのアクセスは人権であることを強調し、誰ひとり、とりこぼすことなくその恩恵を享受できるよう、地域に適した水道・下水道の確立に取り組み、蛇口から飲用可能な水文化を次世代へ継承していくこととしている。

 

2020年の「世界水の日」のポスター

『いのちの水は公共サービスで』