※お申し込みは下記より、メールかFAXにてお申し込み下さい。




(PDFファイル)
 
◎PDFファイルを開くには「Acrobat Reader」が必要です。下記のリンク先からダウンロードし、インストールを行ってください。

(別ウィンドウで開きます)
 

(PDFファイル)


最新刊:2020年10月号 


1冊762円+税(送料込み) 年間購読 7,440円+税(送料込み)

マイナンバーと個人情報保護の行方

新型コロナウイルス対策の給付金支給が迅速に行われなかったことで、マイナンバーカードと銀行口座の紐づけの議論がわきおこっている。
新型コロナウイルスの封じ込めにスマホの個人情報を活用した国もあった。
菅新政権がデジタル庁創設や運転免許証のデジタル化を検討し始め、国がキャッシュレス社会をめざして旗を振り続ける中、個人情報の保護はどこまで担保されていくのか。

マイナンバーと個人情報保護の行方 マイナンバーと個人情報保護の行方
  
今月のちょっと試し読み 今月のちょっと試し読み
マイナンバー制度を考える視点 ― 特別定額給付金の給付手続きから
三木 由希子(情報公開クリアリングハウス理事長)
 
マイナンバー制度を考える視点 ― 特別定額給付金の給付手続きから >>
三木 由希子(情報公開クリアリングハウス理事長)

監視社会化とマイナンバー制度 >>
武藤 糾明(弁護士)

インタビュー:自治体の現場からみるマイナンバーカード ― 大阪府豊中市 >>
齊藤 健文(大阪府本部豊中市職員組合 副委員長)

災害・緊急時における個人情報保護 >>
宮下 紘(中央大学総合政策学部准教授)

医療に関わる個人情報の活用と課題 >>
岩波 祐子(参議院内閣委員会調査室首席調査員)

その他目次 >>