※お申し込みは下記より、メールかFAXにてお申し込み下さい。




(PDFファイル)
 
◎PDFファイルを開くには「Acrobat Reader」が必要です。下記のリンク先からダウンロードし、インストールを行ってください。

(別ウィンドウで開きます)
 

(PDFファイル)


最新刊:2019年2月号 


1冊762円+税(送料込み) 年間購読 7,434円+税(送料込み)

2019年度予算のポイント

10月にはこれまで2度延期となった消費税の税率アップを控えている。
だが、消費税増税分を同時にスタートする幼保無償化の財源にあてるため、プライマリーバランスの黒字化はさらに遠のくこととなった。
ますます増大すると見られる社会保障費をどのようにまかなっていくのか。
戦後税制に大きな影響を与えたシャウプ勧告から70年という節目の年となる2019年度の国と自治体財政のゆくえをうらなう。

2019年度予算のポイント 2019年度予算のポイント
  
今月のちょっと試し読み 今月のちょっと試し読み
解説:史上初の100兆円超予算、歯止めのきかない歳出拡大―消費税率引上げへの対応に終始する2019年度予算
財政問題研究会
 
解説:史上初の100兆円超予算、歯止めのきかない歳出拡大―消費税率引上げへの対応に終始する2019年度予算 >>
財政問題研究会

解説:2019年度地財計画と地方財政 >>
飛田 博史(公益財団法人地方自治総合研究所研究員)

消費増税と社会保障改革のありかた >>
盛山 和夫(東京大学名誉教授)

森林環境税(仮称)導入の課題―森林環境譲与税(仮称)導入を前にして >>
其田 茂樹(地方自治総合研究所 研究員)

紹介:幼保無償化にともなう自治体負担問題の経緯と問題点 >>
松本 武洋(和光市長)

その他目次 >>