※お申し込みは下記より、メールかFAXにてお申し込み下さい。




(PDFファイル)
 
◎PDFファイルを開くには「Acrobat Reader」が必要です。下記のリンク先からダウンロードし、インストールを行ってください。

(別ウィンドウで開きます)
 

(PDFファイル)


最新刊:2020年1月号 


1冊762円+税(送料込み) 年間購読 7,440円+税(送料込み)

阪神・淡路大震災から四半世紀

1995年1月17日午前5時46分、阪神・淡路を中心とした近畿圏で、6,000人を超える犠牲者をうみ、25万件近い家屋に全半壊の被害をもたらしたM7.3の巨大地震が襲ってから、四半世紀を迎えようとしている。
日本列島周辺が地震の活動期に入ったことを告げる巨大地震でもあったが、被災者支援の拡充やコミュニティの再認識、ボランティアの活発化などの契機ともなった。
その大震災が日本社会にもたらした影響の大きさを改めて振り返ってみたい。

阪神・淡路大震災から四半世紀 阪神・淡路大震災から四半世紀
  
今月のちょっと試し読み 今月のちょっと試し読み
阪神・淡路大震災からの25年を振り返る
室﨑 益輝(兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科長)
 
阪神・淡路大震災からの25年を振り返る >>
室﨑 益輝(兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科長)

座談会:阪神・淡路大震災から学んだもの >>
清水 誠一(人・街・ながた震災資料室研究員)/小原 王之(神戸市従業員労働組合執行委員長)/後藤 公明(熊本市職員労働組合執行委員)/大村 成行(前西宮市水道労働組合執行委員長)/井上 孝次(明石市職員労働組合書記次長)/林田 怜菜(人・街・ながた震災資料室研究員/コーディネーター)

阪神・淡路大震災の被災地で生まれた新たな災害法制―被災者生活再建支援法から「被災者総合支援法」へ >>
野呂 雅之(関西学院大学災害復興制度研究所主任研究員・教授)

阪神・淡路大震災とコミュニティ―災害が頻発化する時代における意義と課題 >>
宮城 孝(法政大学現代福祉学部教授)

被災地支援ボランティアの25年 >>
田尻 佳史(認定特定非営利活動法人日本NPOセンター常務理事)

その他目次 >>