※お申し込みは下記より、メールかFAXにてお申し込み下さい。




(PDFファイル)
 
◎PDFファイルを開くには「Acrobat Reader」が必要です。下記のリンク先からダウンロードし、インストールを行ってください。

(別ウィンドウで開きます)
 

(PDFファイル)


最新刊:2019年10月号 


1冊762円+税(送料込み) 年間購読 7,440円+税(送料込み)

東京五輪・パラ五輪と自治体スポーツ政策

東京オリンピック・パラリンピックの開催まで1年を切った。
さまざまな紆余曲折を経てきたオリンピックの歴史も踏まえながら、有意義な大会へと導いていくために求められるものは何か。
そしてこの機会に、自治体のスポーツ政策のあり方をあらためて見つめ直し、バリアフリーやユニバーサルデザインのまちづくりにもつながる「遺産」をいかに残していけるかが、いま問われているのではないだろうか。

AI・RPAと自治体職場 東京五輪・パラ五輪と 自治体スポーツ政策
  
今月のちょっと試し読み 今月のちょっと試し読み
オリンピックの歴史と東京五輪
石坂 友司(奈良女子大学研究院生活環境科学系准教授)
 
オリンピックの歴史と東京五輪 >>
石坂 友司(奈良女子大学研究院生活環境科学系准教授)

東京オリンピックとサステナビリティ >>
古沢 広祐(國學院大學経済学部 経済ネットワーキング学科教授)

国民体育大会を考える >>
権 学俊(立命館大学産業社会学部教授)

地方自治体のスポーツ政策の動向 >>
細田 隆(東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻博士後期課程)/瀬田 史彦(東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻准教授)

東京2020パラリンピックに向けた準備は十分か―開催1年前の現状と、地方自治体の取り組み >>
田中 圭太郎(ジャーナリスト)

インクルーシブ社会の実現に向けて―先導的共生社会ホストタウン兵庫県明石市の取り組み >>
明石市福祉局福祉政策室障害者施策担当

その他目次 >>