※お申し込みは下記より、メールかFAXにてお申し込み下さい。




(PDFファイル)
 
◎PDFファイルを開くには「Acrobat Reader」が必要です。下記のリンク先からダウンロードし、インストールを行ってください。

(別ウィンドウで開きます)
 

(PDFファイル)


最新刊:2020年2月号 


1冊762円+税(送料込み) 年間購読 7,440円+税(送料込み)

膨張止まらぬ2020年度予算の行方

総額102.7兆円―当初予算で2年連続100兆円を超えた2020年度予算案。
生産年齢人口が減少する中、税収見込みはバブル期をも超える過去最大規模となった。
とはいえ、歳出に対する税収割合は7割程度。
将来世代のツケを前提とした予算組みは、もはや常態化している。
幼児教育無償化の本格実施や度重なる災害を受け、維持補修費、防災・減災関連経費が自治体に重くのしかかる。
このままでは国・地方とも、健全な財政運営への道筋を見失いかねない。
2020年度財政の見通しと課題を検証し、財政ガバナンスへの一助としたい。

阪神・淡路大震災から四半世紀 膨張止まらぬ2020年度予算の行方
  
今月のちょっと試し読み 今月のちょっと試し読み
解説:膨張を続ける2020年度予算
財政問題研究会
 
解説:膨張を続ける2020年度予算 >>
財政問題研究会

解説:2020年度地方財政計画の概要とポイント >>
飛田 博史(公益財団法人地方自治総合研究所研究員)

先行き見えぬ財政健全化への道 >>
原 真人(朝日新聞編集委員)

「地方創生」政策の検証―第2期に向けてどう対応するか >>
今井 照(地方自治総合研究所 主任研究員)

新年度予算編成に地方公会計を生かす―持続可能な自治体経営に向けて >>
中川 美雪(公認会計士/合同会社みらい会計研究所代表)

その他目次 >>