川本委員長、スウェーデン自治体労働組合の全国大会に参加

5月31日(火)から6月3日(金)にかけて、スウェーデン・ストックホルムでスウェーデン自治体労働組合(Kommunal)の第29回全国大会が開催された。

 

Kommunalは、52万人以上の公共サービス労働者を組織するスウェーデン最大の労働組合で、PSI(Public Services Interna-tional)加盟組合のなかでは自治労に次ぐ主要組織のひとつ。

全国大会には、200の代議員、傍聴者、マスコミ、海外招待者32人(16か国7団体)を含む約400人が参加して行われた。4日間の大会で、711本の決議案と191本の声明が協議された。また、今大会でアネリ・ノルドストラム委員長が退任し、新しい執行体制が確認された。

 

アネリ委員長を労い、引き続きの関係強化を約束

自治労の川本委員長は、2012年の書記次長時代からKommunalのアネリ委員長と交流があり、今大会に招待を受けた。大会に先立ち海外招待者むけに開催されたセミナー「スウェーデンにおける社会保障サービスの民営化」に参加し、大会初日を傍聴した。

交流会で川本委員長は、アネリ委員長を労うとともに、引き続き、PSI(Public Services Interna-tional)の主要加盟組合としての相互の発展と関係強化を確認し合った。