現業評議会 2017年度第1回全国幹事会を開催

8月20日、東京グリーンパレスで、現業評議会2017年度第1回全国幹事会を開催し,46県本部81人(うち女性8人)が参加した。

全国幹事会では、現業評議会を代表して藤本議長、自治労本部を代表して杣谷副委員長が、この間の政治情勢の特徴や、当面の現業・公企統一闘争のあり方議論などに関して、それぞれ挨拶した。また、会議の中で2016現業・公企統一闘争をはじめとする自治労現業評議会の当面の取り組みや課題について、活発な議論が行われ、出席者全員で確認した。最後は、藤本議長の団結がんばろうで締めくくった。

全国幹事会終了後は、石上総合政治政策局長をお招きし「政治情勢と現業労働者の課題」について学習した。

自治労現業評議会は、今後も引き続き、質の高い公共サービスの推進に向けて、職の確立と労働二権を活かした取り組みを強化していく。