社会福祉評議会の記事一覧

福祉(介護、保育、生活保護、児童相談など)職場で働くヘルパー、保育士、福祉事務所職員など約13万人で構成している。“いつでも、どこでも、だれでも”必要とする社会福祉サービスの充実と利用者の権利保障を確立していくことを基本に、自治体の「地域福祉計画」づくりなどに積極的に取り組んでいる。 子どもの貧困拡大や、生活保護受給者の急増、急速な少子・高齢化による社会保障給付費の増大など、社会保障を取り巻く情勢は厳しく、そのしわ寄せは、社会福祉を現場で支える労働者へと及んでいる。 社会福祉評議会は、子ども・高齢者・障害者・低所得者などの当事者の視点から、住民の権利・生活保障を対置し、質の高い福祉サービスが確実に提供される仕組みの構築にむけ取り組んでいる。