『月刊自治研 10月号』発売中

10月号の特集は≪コロナ禍で問われる地方自治≫です。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大が始まって、まもなく二年が経とうとしている。
未知の感染症への対応が簡単なはずもなく、自治体現場での奮闘にも関わらず、地方自治が十分に機能しているのかが問われるかのような事態が続いている。
その背景に、この間、公共サービスが縮小を強いられてきたという側面はあるにせよ、分権改革以降、自治体が政策の主体として自立してきたかどうかも試されている。
コロナ禍の苦境の中で、改めて地方自治のあり方を見つめ直してみたい。

 

 

10月号のちょっと試し読みもできます(こちらをクリック

 

ご購読のお申し込みは自治研HPまで(HPへはこちらをクリック

 

1冊838円(本体762円+税10%)

年間購読 8,184円(本体7,440円+税10%)