『月刊自治研 3月号』発売中

3月号の特集は≪3・11から10年 ― 防災の今≫です。

 

岩手、宮城、福島を中心に未曽有の被害をもたらした東日本大震災から10年。
福島第一原発の廃炉への工程は遅れ、汚染水の海洋投棄が進められようとしている。
国の掲げた「創造的復興」はいまだ道半ばであり、今なお余震も発生している。
全国的にも熊本などで大きな地震が発生し、豪雨災害による被害も激しい。
発生が近いとされる巨大地震や台風の大型化による水害の拡大が危惧される中、東日本大震災の教訓を生かし、これからの災害に自治体はどう備えていくのか。

 

3月号のちょっと試し読みもできます(こちらをクリック

 

ご購読のお申し込みは自治研HPまで(HPへはこちらをクリック

 

1冊762円+税(送料込み)年間購読 7,440円+税(送料込み)