『月刊自治研 5月号』発売中

2022年5月号特集:復帰50年 沖縄からの視座

 

戦後、米軍統治下の沖縄で、多くの民衆の熱気とともに展開された祖国復帰運動。

 

そして迎えた1972年、誰もが復帰実現を祝い、沖縄が平和憲法の下に入ったことを喜んだ。
だが今、50年前の復帰とは果たして何だったのかという問いが沖縄の人びとの心に、再び重くのしかかっている。

 

国家の存立と日米安全保障体制の維持が、基本的人権より優先される沖縄の現実からその自己決定権をめぐる現在地を問い返すとともに、苛烈な戦争を経験した沖縄の平和を願う心と、先人から受け継がれてきた沖縄の精神、アイデンティティを未来へつなぐ取り組みに学ぶ。

 

試し読みはこちらから

 

ご購読のお申し込みは自治研HPまで(HPへはこちらをクリック